美容皮膚科でニキビ治療

ニキビ痕治療について

ニキビ痕の改善は美容皮膚科がおすすめと言われています。赤みタイプ、凸凹タイプ、茶色タイプなど状態はいろいろありますが、どれも光治療やレーザー治療は高い改善率となっています。ただし軽い内のニキビ痕の方が改善率は高く、出来るだけにニキビ痕は軽いうちに行いたいものです。

まず赤みタイプですが、ニキビが出来てから約半年以内のニキビ痕の場合は、赤みのみ照射するタイプのレーザーを使います。フォトシルクプラス、ピュアアクネス、クリアタッチなどがよく使われるタイプです。しかし半年から1年以上たってしまったニキビ痕は、コラーゲンの生成を促進させるヤグレーザーピーリングやフラクセルレーザーを使うことがほとんどです。

凸凹タイプの場合は凸部分をピーリングしたり、コラーゲンを凹み部分に注入して改善していくような方法で、最終的に平らになっていくという治療を行います。また茶色タイプの場合は、色素沈着が完全に起こってしまっているので、茶色を薄くしていく治療をお行いますが、レーザー治療以外に美白剤などを使用した美白点滴を同時に行う場合もあるのです。もちろん医師によって、いろいろなレーザーや光機器を使って行います。

価格についてはそのニキビ痕が消えるまでの回数にもよりますが、平均的に最低必要費用として考えておくべき価格は軽いニキビ痕で初診料3000円、薬代約2000円、フラクセルレーザー治療が約85000円程度。ひどいニキビの場合は初診料3000円、薬代約2000円、サーマクールCPT治療の場合約10万~20万程度と考えておきましょう。

レーザーでニキビ治療

ニキビのレーザー治療は皮膚に波長の違ったレーザーを照射します。それによって多くの小さい穴を開け、そこからニキビの原因となる皮脂やゴミ、角質のカスなどを溶かしていくことでニキビを治療します。できるだけ赤ニキビになっても赤みや凸凹を残さずに治療していくことができます。レーザーでのニキビ治療は大体軽いニキビなら1回、重いニキビでも3回程度通えば完治します。

レーザーを当てるだけなので特に痛みは強くなく、その上痛みを和らげるクリームを塗ってから行うので、痛みの心配はありません。クリームは美容皮膚科によって処方したクリームとなります。治療時間も大体10分から15分程度で完了します。次にニキビにはレーザー治療がいいと分かっていても、やはり料金が気になっている人も多いのではないでしょうか。病院によっても違いますが初診料が3000円程度。通常のニキビなら+8000円程度となります。ニキビの数が多くなると価格も高くなっていきます。

副作用も特にありませんが、希に皮膚の赤み、痛み、かぶれなどが発生することも。一般的には赤ニキビはキレイに完治しますが、希に薄赤みのある膜ができ赤みが残ることがありますが、治療前に同意書にサインをするので自己責任となります。

ニキビは美容皮膚科で

ニキビもたまにポツンと出る程度なら特に気になりませんが、いつも重度のニキビになってしまう人や、まとまってニキビができてしまう人。色素沈着や凸凹ができてしまっている人などは、ニキビ痕も気になります。できるだけニキビができないように予防したり、ひどいニキビになる前に治療をすることも大切です。そしてできてしまった色素沈着や凸凹も美容皮膚科に相談してみましょう。痕の残らないニキビ治療と、ニキビ痕治療のためには美容皮膚科でのレーザー治療がおすすめです。

レーザー治療の種類には幾つかありますが、まずフラクショナルCO2レーザーについてですが、このタイプはレーザーメスにも使われるもので、CO2レーザーをマイクロドット状に照射します。点状の傷を広く付けていくことで肌表面の再生を促進させる働きがあります。ニキビ痕は凸凹になってしまっていますが、特に凹のところに定期的に照射することで、凸凹のない肌になっていきます。

ゴングパルスYAGレーザーはピーリング効果が高く、赤身が強いニキビ痕や赤身が出てしまいやすいニキビ治療に使われます。除毛にも使われるレーザーですがとても穏やかなタイプでニキビ痕はやや改善される程度です。逆に現在のニキビ痕を残さずに改善するにはおすすめです。ニキビの中の物を出すなどの働きにとても合ったレーザーです。赤くなるニキビには炭酸ガスレーザーやエルビウムYAGレーザーなどが使用されます。また現在ニキビ治療に多く使われているのがサーマクールCPTやフラウセルなども人気です。